パッケージデザイン|USK Coffee様

背景

小笠原諸島で採れた珈琲の花と果実を乾燥させたフレーバーティーのパッケージのデザイン・制作をしました。

課題

栽培、生産からお客様へ提供するところまで一貫性のある商品。生産者のこだわりと小笠原の香りを楽しんでもらいたい。

解決

パッケージされたフレーバーティーに最後の一押しを。「完成した印」と「こだわりの証」を表現するべく、印鑑(ゴム印)を提案しました。花と果実の2種類を凹凸で反転することで、差別化を試みました。