パッケージデザイン|株式会社パッションギークス様

 

背景

お客様に提供する一級品のうなぎが職人育成の修行の過程で沢山使われています。品質には問題ないうなぎをSDGsの観点からもお値打ちに食卓へ届けられないかという株式会社パッションギークス様の想いで今回、育成刻み鰻が誕生いたしました。

 

課題

株式会社パッションギークスの展開する店舗の上品さは残しつつ、お値打ちな商品となるのでパッケージにかけるコストは下げたい。また輸送に耐えうる素材と輸送料金等も考えたコンパクトな設計にする。

 

解決

今回の背景も大切ですが、お客様のことを考えたら美味しいうなぎが主役にならなければなりません。その次のステップで職人の背景を知っていただくのが商品情報の流れとなります。まず、開けたときにうなぎが綺麗に見えるように中仕切りを使って斜めに並べています。コスト面ではダンボールに印刷はせず、開封シールのみのシンプルなデザインにしました。商品の背景や食べ方を記載したパンフレットをパッケージの中に同封しています。