冊子デザイン|愛知県/国際デザインセンター

背景

中小企業へのデザイン支援などを事業とする国際デザインセンターよりご依頼いただきました。同社は東海3県のデザイン事務所・クリエイティブ事業者の情報検索ポータルサイト『クリエイティブ企業情報プラットフォーム』を運営しており、弊社が同サイトへの掲載をお願いしたことがきっかけで取引が始まりました。

本案件は、デザイン思考で経営する『デザイン経営』を愛知県の中小企業の経営者に向けて説明する資料です。

課題

同社が実施した過去のセミナー資料を基に情報整理し、中小企業の経営者が興味を引くデザインと言葉で表現し、一貫して分かりやすさを重視した冊子であることが求められました。

解決

まずこの冊子のゴールを可視化し、クライアントと共有することを第一と考え、読者が『デザイン経営』に取り組み始めることをゴールとして設定。ターゲットである『中小事業者』という言葉を冊子タイトルに追加し、表紙から読者が自分ごととして読んでもらうことを狙っています。デザインの観点で経営に取り組んだことのない中小企業の経営者が興味を持って読み進められるよう、流れのいいページ構成に編集し、分かりやすい言葉で読者の理解を促進します。またデザイン面でも読みやすさと分かりやすさを重視しました。デザイン経営の流れをイメージしやすい図を提案したり、効果的にイラストを配置しデザイン経営は堅苦しくないことを象徴させました。

掲載サイト▶ https://www.pref.aichi.jp/site/aichi-chizai/design-pamphlet2021.html