CCN賞2020ポスターデザイン|コピーライターズクラブ名古屋様

背景

CCNは名古屋の広告会社やプロダクション、フリーの方などが地方の広告クリエイティブ活性化のために活動している団体です。今回はCCN運営委員会からのご依頼で、今年掲出された広告のコピーを審査・表彰するアワード「CCN AWARD 2020」の告知ポスターをデザインしました。

課題

ポスターのキャッチコピーはCCN会員から募って審査し、選ばれた3本がポスターに使われている。コロナ禍の中での開催となり、例年とは異なる運営を強いられている今年は、審査会もリモートで行われ、今年しか出来ない新しい挑戦が求められた。

解決

スタッフ全員でブレストを開催。100に迫るアイデア出しの末、採用されたデザインの元になったのは「見えないものを表現する」というコアアイデア。大学の研究室の協力を仰ぎ得た考察(具体的なイメージがすぐ湧いて、すぐ理解できるコピーが、受賞作に見られる優れたコピーである)を元に、蛍光の特色印刷を多く用いて制作された。

<スタッフクレジット>

【ポスター掲載キャッチコピー】
グランプリ: 『ことばの世界にも、世紀の大発見はある。』狩野慶太
準グランプリ:『あぁ、俺がこれ思いつきたかった。』山中彰
『帰る頃にはもう、書きたくなってる。』海本栞璃

【制作スタッフ】
クリエティブディレクター:船引悠平(CCN運営委員長)
アートディレクター:秀島康修(CCN運営委員)
デザイナー:鈴木友章・塚本唯・山本真央・神谷みのり (スズキモダン)/眞坂藍(デザインエシカラ)
ディレクター:纐纈泰典(スズキモダン)
プランナー:中切友太・古山萌美(CCN運営委員)
制作協力:関谷知加・山中彰・西山智香・松下晃平(CCN運営委員)
実験協力:豊橋技術科学大学 情報・知能工学系 視覚認知情報学研究室
印刷:鬼頭印刷

https://www.advertimes.com/20200709/article318882/