冊子デザイン|愛生病院様

背景

岐阜県で医療から介護・福祉支援まで包括的に提供している愛生病院様から、写真撮影や冊子デザインのご依頼をいただきました。

 

課題

現状冊子は無く、リーフレットは複数あるものの施設のみの写真が使われていたので、まず「人の温かみ」や「心のケア」が伝わるようなデザインにしなければならない。また医療関係なので華美なデザインは避けて、清潔感のあるフラットデザインを心がけました。

 

解決

撮影では、実際のシーンが想像できるように先生と患者さんの距離や構図を考え、「人の温かみ」や「心のケア」を伝える為に、説明的な写真は避けて情緒的な写真を多く撮りました。デザインでは、文字数が多く難しくて読みにくくなりがちなので、極力文字数は減らし、写真を多く使いました。また愛生病院様のキーカラーが紺色でしたので、冷たいイメージならないように白色とのカラーバランスを調節しています。