パッケージデザイン|株式会社おいしいプラス 様

背景

クライアントの「おいしいプラス」様は、ミシュラン三ツ星シェフの江崎新太郎氏が「おいしい」×「健康」を実現させるために創業した会社で、東京駅と新宿伊勢丹に「えさきのおべんとう」の相性で知られる、おいしくて体に良いお弁当を販売しています。この度、冷凍商品として「うなぎの蒲焼」を新たに発売するということで、そのパッケージおよび、同封するリーフレットを制作させていただきました。

課題

今回の案件はお弁当商材とは異なり、店頭販売よりオンラインによる注文販売をメインにした商品です。うなぎという高級食材を使用することと、贈答用にも使えるよう上質な雰囲気を出すことが必要。しかし江崎シェフの大切にされているコンセプトに「健康」というキーワードが入っていることから、重厚感や高級感だけではなく、無添加らしいナチュラルな雰囲気も必要だと感じていました。

解決

パッケージ素材にエコ素材のシートを使いました。パーム油を製造した後に捨てられる「ヤシカサ」をパルプ化し、紙の原料に配合した紙です。美味しくて健康な食にこだわるシェフのコンセプトにふさわしいと思い、エコなエッセンスを付加しました。ナチュラルで優しい風合いの色身も上手くマッチし、課題を解決することができました。そしてパッケージを開くとリーフレットが入っているのですが、折加工をせず、料亭の「おしながき」のようなイメージでリーフレットを制作しました。さらにこのリーフレットの素材にトレーシングペーパーを採用。素材自体のよさを一番引き立たせるために写真をあえて使わず、透け感で奥行きを出し上質さを演出しました。