キャップデザイン|らーめん専科 正五郎様

背景

大須のスケートリンクの目の前にある18年続くらーめんの銘店。スタッフ用のキャップを新しく作りたいという依頼です。

課題

若い店舗スタッフが男女ともに使用する為、お店のゴロではなくカフェみたいなアルファベットにしたいという依頼内容でした。しかし正五郎さんのイメージは崩したくないので、カジュアル過ぎずシンプルでさり気ないお洒落を意識しなければならない。

解決

キャップは綿素材の耐久性を重視したワークキャップを選び、白色の刺繍にしました。刺繍にすることで、シンプルなデザインでも表情がでます。アルファベットのデザインは既存の書体をベースにして加工し、シンプルながらも少し特長をつけました。また刺繍なので文字間を詰めて糸の遊びを無くしています。